DSC01658
今日のお道具紹介。先日LOGOSのBBQお掃除楽ちんシートを購入した記事を書いたのですが、本日使用してみたので使い勝手をレビューしたいと思います。


主な仕様
パッケージサイズ:(約)幅30.8×奥行4.5×高さ4.5cm
シートサイズ:(約)幅30×長さ700cm
シート厚:(約)0.035mm
主素材:アルミニウム

まず、この商品は何か?ということですが、「ロストルにアルミシートを敷き、BBQ後の灰や油汚れなどの後片付けを楽にしてしまおう」という趣旨の商品です。
ロストルの汚れ防止はもちろん、後片付けの簡素化、ロストルの傷みを最小限にする事が出来そうです。

DSC01657
今回使用するコンロはコールマンのクールステージテーブルトップグリル
昨年から使用しているため、ロストルはそれなりに汚れています。


DSC01659
商品自体は普通のアルミホイルです。ただ、私たちが家庭で使用しているものと違い、極厚です(0.035mm)。家庭用の3倍程の厚みがあり、コンロの高熱にも耐える仕様です。家庭用ホイルと違い、カットするのに多少コツが必要ですが、ロストルの上にしっかり敷きつめます。


DSC01660
ロストルをコンロに戻した状態。
この中に着火した炭を入れ、焼き網を載せてBBQを普通に楽しみます。アルミホイルを敷くだけという至って簡単な一手間ですが、掃除は至極簡単でした。灰をこぼさない様にアルミホイルを丸めてポイ。これだけです。


とっても楽ちんなこのアルミシートですが、一つだけ注意点。

DSC01660-2
クールステージコンロの画像赤斜線部には、通気口が空いています。
そこをアルミシートで塞いでしまうと空気が入らなくなり、木炭の燃焼効率が悪くなってしまいます。
アルミシートを敷き詰めた後、割り箸など棒状のもので穴を空けておけばOKです。

使用後は灰ごと丸めてポイ です。
ロストルはBBQ前の綺麗な状態なまま。

Mサイズのコンロで12回分とのことですので、少なくみても8回程度は使えるかと思います。
コンロを大事に使用している方、掃除をするのがおっくうな方。是非一度使ってみて効果の程を体感していただきたい商品ですね。
オススメです。

 

※2014.5 追記※
キャプテンスタッグ製アルミホイルを購入、比較記事を書きましたので参考にして下さい。
⇒キャプテンスタッグ アウトドア用厚口アルミホイル