DSC01661
本日のお道具紹介。先日購入記事にしたユニフレームのチャコスタminiです。
火起こしの大定番商品ですね。

※追記※2014年現在
miniが廃盤となり、一サイズのみの販売となったようです。

以前火起こし器のベストバイとして紹介したチャコスタminiですが、ユニフレームに買い換えてから始めて使用しました。使い方はキャプテンスタッグなど他の商品と同じですね。


DSC01662
ステンレス製なのでやはり高級感があり、所有、所持欲を満たしてくれます。


DSC01663
組み立ては本体を開いて火床をツメにセットするだけで終了。キャプテンスタッグの商品は火床は別パーツになっていましたが、ユニフレームのチャコスタは丈夫な丁番で本体に接続されています。


DSC01665
ユニフレームのチャコスタminiはキャプテンスタッグ製よりも少し大きい程度の印象です。
手に持った感じはさすがにしっかりしている印象。


DSC01666
組み立てたチャコスタに炭を入れてきます。オガ備長炭にも相性バッチリ。


DSC01667
出来るだけ炭を「縦」に配置して空気の通り道が出来るようにします。


DSC01668
チャコスタminiですと、成型備長炭で1段に6本入ります。木炭の長さにもよりますが、2段にして入れればかなりの量を一度に着火することができますね。


DSC01673
炭を並べ終えたらたきつけに火をつけ、その上にチャコスタを置きます。このまま10分程度放置しておけば勝手に炭がおきます。


DSC01675
上昇気流の力で火をうまく起こすこの方法。一度使ったらうちわで扇ぐなんて疲れることやってられません(笑)


DSC01705
使用後のチャコスタの保管方法なんですが、ロックなどがついてないのでカチャカチャと開いてしまいます。なんだかイマイチなので・・・


DSC01706
コールマン ベルクロテープを使って固定しています。
簡単に言うと単なるマジックテープなんですが、これが結構便利です。自分で必要な長さにカットして使用します。


主な仕様:
・サイズ:約2m×2.5cm
・材質:ポリエチレン、ナイロン
・入り数:1本


DSC01707
チャコスタを1週出来るだけの長さにカットして・・・


DSC01709
チャコスタに巻きつけて固定するだけ。これが以外と使えるんです。
他にも長さがあってバラバラになるもの、ペグやテントポールなど、ひとまとめにする時に1本持っておけば重宝しそうです。


にほんブログ村のランキングに参加しています。
更新の励みになりますのでポチっと押していただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村