ファイアグリル 網
お道具紹介。ユニフレームから発売されているファイアグリルです
いわゆる焚き火台と呼ばれるアイテムですが、1998年に発売されて以来のロングセラーモデルです。
いろいろな所で当商品の口コミを見かけますが、『使いやすさ・耐久性・価格のバランス』が優れており、とても評判がいいですね。

さて、このファイアグリル。私のキャンプ保有道具の中で一番重要なアイテムでして、これがないとキャンプが始まらないといっても過言ではありません。


ユニフレーム ファイアグリル

[主な仕様]
サイズ:使用時:430×430×(網高)330mm、収納時:380×380×70mm
材質:炉・ロストル:ステンレス鋼 、スタンド・焼網:鉄・クロームメッキ
重量:約2.7kg
耐加重:20kg


焚き火台の必要性とは


DSC04660
昨今のオートキャンプ場などでは、地面での直火は禁止しているところがほとんどです。そのため、焚き火を楽しむためには専用の「焚き火台」を用意しなければなりません。

「なぜ直火禁止なの?」
「石でいろりを作って焚き火すればいいでしょ?」
「火の元に気をつけるから直火で焚き火してもいい?」

と思う方がいらっしゃると思いますが、そもそも何故直火を禁止しているサイトが多いのでしょう?

答えは・・・

地中のバクテリアが熱により死滅し、土壌が痩せてしまうため

なんです。

芝生サイトでの芝保全やサイト美化のため・・・・という場所も中にはあります。
しかし、どちらも根本にあるのは『環境保全のため』なんですね。
直火は絶対にやめましょう。危険性も去ることながら、管理人に強制退去させられる可能性もあります。

組み立て


ファイアグリル
まだ1シーズンしか使用していない我が家のファイアグリル。
いい感じにステンレスが焼けてきました。


ファイアグリル 脚
組み立てといっても、台座の脚を開いて


ファイアグリル 組み立て
炉とロストルをセットするだけ。たったこれだけです。

ちなみにロストルとは
通風を良くし、火がよく燃えるように炉やストーブの下部に設けた鉄の格子。火格子。
という意味です。

ファイアグリルでいう穴のあいた鉄板の事ですね。
炉の保護と通気層を確保し、炉に置いた燃料物を燃え易くする働きがあります。


ファイアグリル歪み
使用の度にロストルは熱や炭の重量で歪んでしまいますが、使用にはなんら問題ありません。
歪んでしまったら出来るだけ平らにし、次回反対にして使いましょう。


ファイアグリル 角
炉の四隅は画像のように隙間が空いています。これは空気取り入れるためと、焚き火の熱で本体が歪まないようにあえて金属の逃げを作ってるんですね。

また、同梱の焼き網を載せることによりBBQを楽しむ事も出来ます。

ファイアグリル 網
焚き火以外にも通常のBBQと同様に焼き物を楽しむ事が出来ます。
4隅が空いているので、トングで炭を動かし火力調整をするのも容易です。


ファイアグリル ヘビーロストル
また、別売のヘビーロストルを使用すれば以前紹介したスーパーディープ10インチなどのダッチオーブン、重量物を載せても網が歪まず丈夫で安心。調理の幅がもっと広がります。

さらにさらに。別売のエンボス鉄板を使用すれば焼きそばなどの炒め物も簡単に調理出来ます。

  
ヘビーロストル | スーパーディープ10 | エンボス鉄板

通常の焼き物をするBBQグリルの他に、このファイアグリルが1台あれば調理の幅がグッと広がるんですよ。
特にダッチオーブン調理には必須アイテム!といいますか、我が家はこれがないとダッチオーブン料理できません(笑)

合わせて揃えたいアイテム


ファイアグリル専用ケース
ずばり、ファイアグリル収納ケース。絶対買うべきです。
いや、用意しないとものすごく不便ですよ(笑)

ファイアグリル収納ケース

ファイアグリル専用ケース4

[主な仕様]
サイズ:430×100×(高さ)405mm
材質:ポリエステル420D・PVC

外側の生地はポリエステル、内側はPVC(ポリ塩化ビニル)で出来ており、防水性があり汚れに強くとても丈夫です。


ファイアグリル専用ケース2
持ち手の縫製もしっかりしています。さすがのmade in japan。
ファイアグリル以外にも以前紹介したチャコスタやトング400を一緒に収納しています。


ファイアグリル専用ケース3
内部商品の飛び出し防止に、ワンタッチバックルがついています。こういった細かいところにユニフレームらしさを感じますね。


ユニフレーム トング
焚き火で使用する際は、300ミリ長では少し手が熱いかもしれません。UF(ユニフレーム )トング400は炉にぴったり納まるし、使いやすいサイズでオススメです。

UFトング 400

ユニフレーム トングアップ
持ち手にはUNIFLAMEの刻印入り。ステンレス製でとっても丈夫です。



2014年度 新しく焼き面が従来の1.6倍もあるラージモデルが発売されました。

 
ファイアグリル ラージ | 収納ケース

ファイアグリル ラージ
[主な仕様]
サイズ:使用時:約570×570×390(網高)mm、収納時:約485×485×90(高さ)mm
材質:炉・ロストル:ステンレス鋼、スタンド・焼き網:鉄・クロームメッキ
重量:約5.5kg
耐荷重:約20kg

大きな炉で思う存分焚き火を楽しみたい方や、大家族でグリルを囲みたい方はラージモデルの選択もありですね。


にほんブログ村のランキングに参加しています。
更新の励みになりますのでポチっと押していただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村