アウトドアで調理をする場合、火気の種類として木炭やバーナー、ホットプレートなどを使用すると思いますが、やはり炭火を用いて調理した料理に勝るものはありません。

しかし、BBQなど中盤に差し掛かってくると火力が弱まり、炭を追加しますよね?
分量を誤り炭を追加しすぎると、今度は食事が終盤に差し掛っても火がガンガンに起きている状態・・・

『火がもったいない・・・』
『炭の後始末どうしよう・・・・』

ここでBBQコンロ内の燃え盛る木炭にいきなり水をかける人がいますが
絶対に止めましょう。

急激な冷却により多量の水蒸気が立ち上がり非常に危険です。
焼けた鉄板を急激に冷却すことになるので、コンロも確実に痛みます。
正しい消火方法としては バケツに水を張り、火バサミで一つづつ炭を消化。
結構な手間ですが、確実に鎮火できます。
(水没させた炭をゴミ袋に入れて廃棄する方がいますが、もったいないので止めましょうね。
天日で乾かせば立派な消し炭として再利用出来ます。)

キャンプ場の場合、炭処理場があればよいのですが不幸にも無い場合、チェックアウト時間も迫ってくるし、炭の後処理って結構大変・・・。

そこでおすすめしたいのが火消し壷です。

写真 2014-03-14 14 37 38
その名の通り『火を消すための壷』です。
壷の中に炭を入れ、蓋をしておくだけで中の酸素がなくなり、自然に鎮火し消し炭を作ってくれるというものです。

消し炭とは

まきや炭の火を途中で消して作った軟質の炭のこと。
火つきがよいので火種に用いると便利です。

我が家はオガ備長炭の火付きを良くするため、チャコスタの下層に消し炭を置きその上に新しいオガ備長炭を縦に配置し火起こししています。
火付きが良いのでより短時間で火起こしが可能です。

当方、火消し壷を購入してからは いつでも消し炭に出来るという安心感から、炭をケチって使うことがなくなりました。




数種類発売されているのでピックアップしてみました。

●火消し壷 専用
   
 
シンプルな消し壷です。
炭を入れ蓋をし消火するだけの単機能タイプ。


●火消し壷&火起こし器 兼用タイプ
 

火起こし器を兼ねた火消し壷です。
ちょっと嵩張るのが難ですが、火起こし器を持っていない方は両機能を備えているのでお得。
自宅用として割り切るのであればアリ。


写真 2014-03-14 14 35 56
我が家は据え置きの自宅用として、安価で購入出来るキャプテンスタッグの陶器製を。
キャンプやレジャーなどの移動車載用として、密閉型のLOGOSのポータブル火消し壷を使用しています。

写真 2014-03-14 14 37 23
陶器タイプのものは炭を入れて上蓋を乗せるだけ、と一番シンプルな火消し壷。
ロック機構などは当然無く、自宅等据え置きで使う用途に向きます。

写真 2014-03-14 14 37 31
一番安価でコストパフォーマンス最高なのですが、陶器製なので取り扱いに注意しないと商品が割れる恐れがあります。
私のソレは不注意でどこかにぶつけてしまい、一部が欠けましたがアロンアルファーで接着しました。

写真 2014-03-14 14 36 14
一方LOGOSの火消し壷はまず外観がカッコイイ。
アルミの削り出し素材で出来ており、丈夫で高級感があり、お値段なりの価値はあると思います。

写真 2014-03-14 14 36 30
蓋はネジ式となっているので、車の中で横転しても炭がこぼれる心配がありません(もちろん火消し壷の温度がある程度冷えてから積載して下さいね)。

一つ注意点として、炭を入れた直後から上蓋をきつく締めると、後で蓋を開けようとしても内圧によりネジを緩めるのが困難になってしまします。
これを防ぐために、炭を入れた直後は上蓋は軽く締め、ある程度冷めてからしっかりと締めると良いです。

写真 2014-03-14 14 37 03
商品の底面には、地面にダメージを与えぬよう脚がついています。
同時に、空気の通り道をつくることでより早く本体が冷えるように考えられているのだと推測されます。

容積の違いで2種類発売されています。


LOGOSポータブル火消し壷
サイズ:(約)直径17×高さ21.8cm
内寸:(約)直径13.5×深さ16.5cm


LOGOSマイティー火消し壷(大容量タイプ)
サイズ:(約)直径20.5×高さ27cm
内寸:(約)直径16.9×高さ20cm

コールマンのスパイダーグリルと同時使用で消し壷を使用した時、ポータブルタイプで無理なく納まったのでご参考までに・・・
同コールマン製グリルの「グランデ」をお使いの場合、大容量タイプの方がいいかもしれませんね。

いずれも、炭を入れた直後は容器が相当高温になるため、本体が冷えるまで触ることの無い様、取り扱いには十分注意が必要です。