DSC04865-3
今回はキャンドルランタンを入手したので早速レビューしたいと思います。

キャンプで使うランタンと言えば、ノーススターなどの燃料系ランタン、LEDや蛍光灯などのバッテリーランタンなどがありますが、出力が大きいためまったりタイムにはあまり適しません。
そこで、Amazonで良い雰囲気を演出してくれそうなランタンを探していると、当商品を見つけたので早速ポチしてみました。


DSC04872-2

ハイマウント フォレストヒル キャンドルランタン シルバー

主な部材
・ステンレス
・ガラス
以上
シンプルです。


DSC04871-2
プラスチック・・・というより、握るとペコペコするペットボトル程の厚みのケースが付属。
ねじ込み式のケースとなっています。


DSC04894-2
ランタン上部
キャンドル本体は、価格とは裏腹に総ステンレスで出来ておりチープさはひとつも感じません。
FORREST HILL(メーカー名)と、NEW ZEALANDの刻印あり。
ニュージーランド製って珍しいかも。


DSC04892-2
チェーンフックがついているので、ぶら下げる箇所には困りませんね。


DSC04899-2
さて、キャンドルの使い方ですが少しコツがあります。
上蓋はガイドとバネの力で固定されているのですが、これを外します。


DSC04874-2
ホヤと本体下部をしっかりと持ち、上蓋を上に持ち上げ気味で横にずらします。
何度か触るとコツがつかめます。


DSC04875-2
キャンドルが1つ付属されているので取り出し、火をつけてみます。


DSC04879-2
本体底には4つ爪がついており、ここにキャンドルをはめ込んで使用します。


DSC04880-2
キャンドルの直径は約38ミリ。
爪でしっかりと固定されます。


DSC04882-2
点火後ホヤをのせ


DSC04887-2
上蓋を元の状態にスライドさせます。
あまりもたもたしているとホヤが熱くなってしまうので、手早く。


DSC04890-2
とってもやさしいあかりです。
食事用途などには全然光量が足りませんが、焚き火時やお酒を飲むまったりタイムには良い照度かと思います。


DSC04897-2
消化は上蓋の隙間から息を吹きかけて行います。
使用中、使用直後は本体・ホヤ共に高温になっているのでヤケドに注意しましょう。


DSC04898-2
スペアのキャンドルは、ダ〇ソーなどの100円均一でも販売されていますが、安価なタイプは「すす」が出易い・炎が安定しない・ロウがアルミカバーから流れでてしまう などの不具合が頻発するようです。

Amazonで大手カメヤマローソク製が50個入りで645円。送料無料。
状況にもよりますが、1ヶの燃焼時間が4時間~5時間なのでコスパも良いですね。


 
アウトドアで使用するならシトロネラ配合のキャンドルを使うと虫除けにもなるので一石二鳥ですね。



以前ゆらぎ系ランタンであるコールマンのルミエールランタン購入・レビュー記事を書きましたが、大きさの違いからも当商品の光量は少ないです。ゆらぎも少ないですが、手軽にまったり癒し効果が得られ本体価格も安いのでコスパ高いです。

 
シルバー | ゴールド

シルバーとゴールドの2色発売されています。
格安キャンドルランタン、おすすめです。