DSC04902
キャンプで使用するクーラーボックスは、食材用と飲料用を分けて用意するのは既に常識ですよね。

クーラーボックスが一つしかないと・・・・
・飲み物を取り出すのに頻繁に蓋を開け閉めするため、あっというまに食材の保冷が効かなくなってしまう。
・クーラーボックス内の整理が出来ず、乱雑になってしまう。

このことからも、本来クーラーボックスはそれぞれ分けて使用するのが望ましいのですが、デイキャンでは極力荷物を最小限に抑えたいところ。
※快適さを取るか荷物量を取るか、終わらないテーマでもあります(笑)

以前、飲料用にとコールマンのパーティースタッカーを購入した記事を書いたのですが、容量が小さく保冷力がイマイチ。コールマンには保冷力のあるコンパクトなハードタイプが無いんですよね~・・・
パーティースタッカー購入記事

そこで、デイキャン用に食材と飲み物を1つのクーラーで済む程度のものを探し、出会ったのがイグルーのクーラーボックス マリーンウルトラ。

イグルー クーラーボックス マリーンウルトラ

原産国:U.S.A
サイズ: 47x28x43cm
本体重量: 3kg
有効内寸: 36x22x32cm
2Lペットボトル収納数: 6本まで
構造部材:本体外側・フタ プラスチック(PE)
本体内側材質:プラスチック(PP)
断熱材:超高密度ウレタンフォーム


DSC04905
クーラーボックスには珍しいオールホワイトカラー。
「マリーン」というネーミングからも山よりもビーチがよく似合いそうです。


DSC04908
ハンドルにはゴムのグリップがついているので手が滑らず、しっかりと握って持つことが出来ます。
また平らなグリップとは違い、適度な太さがありとても握りやすいです。


DSC04910
側面には両手で持てるように持ち手がついています。
重量が増えた時や、車への積み下ろし時に便利です。


DSC04911
ここに手をかけ蓋を開けます。


DSC04917
補強、リブの入った蓋ではありますが、お世辞にも丈夫そうには見えません。
腰をかける程度は大丈夫ですが、脚立代わりに天板の上に立つことは避けたほうが無難です。


_SL1500_
絶妙なサイズ感。
内部容量は28L。


DSC04916
2Lのペットボトルが縦に6本入る容量。
保冷剤を入れるスペースも十分にあります。


DSC04921
やはりUSA製。
プラスチックの成型バリはご愛嬌。
カッターで削りとっておきましょう。


DSC04920
クーラー裏側はゆるくRがついていて、持ち運びの際身体に馴染むようになっています。
これ、よく考えてあるな~と思いました。
実際にハンドルを持って運搬する際、ゴツゴツと身体にあたらなくてイイ感じでした。


DSC04924
底部は直接地面に触れないよう底上げ加工されており、地面からの熱の影響を最小限に留めてくれます。


DSC04929
デザインもカッコイイですよね。


DSC04930
IGLOOイグルーのロゴ


DSC04933
側面はポコポコとしたエンボス加工が施されています。


DSC04934
天板を押すと多少ゆがみます。
断熱材が入っていないと思われるので、裏側から穴をあけ発砲ウレタンを注入してあげると断熱性能があがりそうですね。

実際に中に保冷剤を入れ使用してみると、本体側面を触っても冷気を感じませんが、蓋に触れるとひんやりとします。これは天板から冷気が逃げていることを表します。


DSC04935
そこで、少しでも蓋部から冷気を逃がさないよう、内容物の上にアルミシートを被せ断熱性能を上げてみようと思います。

アルミ折りたたみ座布団


DSC04937
いいサイズのアルミマットを見つけました。
約32×36cm×8mmで、2つ折りになります。


DSC04940
そのままでは少し大きいのでカッターでカット。
アルミ面を下にして内容物の上に置くだけ。


DSC04938
モノを取り出すときは片側だけ上にあげることが出来るので便利です。
ちょっとしたことですが冷気の逃げを最小限に留めることが出来、保冷能力が全然違ってきます。

デイキャン程度ならこのクーラーボックス1台で事足りそうですね~
今年は活躍してもらいます!


にほんブログ村のランキングに参加しています。
更新の励みになりますのでポチっと押していただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村