初心者のためのキャンプ道具選び

オートキャンプに必要な道具、あったら便利なツールなどを初心者目線で詳しくレビュー、評価しております

⇒テント、タープ

ペグ打ちに便利な腰道具、溶接棒ケース

初心者キャンパーからレベルアップした皆さんは、テント付属の貧弱なペグを卒業してスノーピークのソリッドステークなどの信頼性ある頑丈なペグを購入・使用されていることと思いますが、ペグを入れるケースって皆さんどうされていますか?
純正と比べて太く、重量もあるペグはそれなりにしっかりしたものに収納しなければなりません。私は6号帆布で作られたスノーピークのマルチコンテナSにハンマーなどと一緒に収納しています。
→購入記事はこちら

この6号帆布で作られたコンテナは、底板に樹脂板も入っておりとても丈夫。ハンマーを2丁、ソリステなどのペグを大量に入れてもビクともしませんが、ペグを打つたびにテント周りを持ち歩くのは結構な重労働。


DSCN5817
そこでちょっと変わった商品をご紹介。
溶接棒ケース。溶接屋さんの腰道具としてベルトに通して使用するものです。
これに溶接棒を入れておくことで効率良く仕事を進めることが出来るわけですが、これを溶接棒の変わりにペグを入れて使おうというものです。

溶接棒ケース PSK-605DX

主な仕様
商品重量:204 g
商品の寸法:40.5 x 11 x 7 cm
・完全PRO仕様の溶接棒ケース
・捨て棒入れ付
・床皮製


DSCN5819
袋は床皮製。底板には鉄板が入っていてとても丈夫です。
短いケースの方は使用後の短くなった溶接棒を入れるためのものですが、短いペグを入れるのにもよいかも。


DSCN5820
ベルトに通す箇所もしっかりと鋲止めされており耐久性がありそうです。プロが使う道具ですからね。


DSCN5821
ベルトに通し、30cmのソリッドステークスを入れた状態。
一度にケースに入るのは10本程度でしょうか。底板補強もあり、ビクともしません。


DSCN5824
ペグを次々に腰袋から取り出す様はまさにペグ打ち職人!(笑)
いや本当に効率よいですよ、コレ。

溶接棒ケース | ソリッドステーク30

一人で設営時、強風時、降雨時や今にも降り出しそうな時。迅速にペグ打ちすることを可能にするペグケース。
オススメです♪


にほんブログ村のランキングに参加しています。
更新の励みになりますのでポチっと押していただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村

コールマン ジョイントタープⅡ購入[連結/接続方法]

DSCN0737
先日タープの買い替えを目論んでいるという記事を書いたばかりですが、やりました。買い替え完了♪
これでテントと合体できます。

どうしてこのジョイントタープに買い替えしたかと言うとですね、テントからタープへの出入りに面倒くさいから。これに尽きます(笑) 雨の日の移動は濡れなくて済むしね。

子供達がまだ小さいので、今年はタープ内にレジャーマットを敷いてロースタイルで楽しもうと思っています。こうなるとテントへの移動の際、靴の脱ぎ履きもしなくてよいし子供達も楽しめるかな?


テントへの連結方法

コールマン製のキャノピータイプのテントとのジョイントが可能です。
ジョイントはタープ設営後に以下の手順で行います。
説明書を見る限り簡単に出来そうです。

DSCN0738


ジョイント方法
1:タープに付属のテントジョイントフラップを背面にファスナーで取り付けます。テントジョイントフラップの上面にテントジョイントリッジポールを取り付けます。

2:ジョイントするテント側のキャノピーを巻き上げます。

3:ジョイントするテントをタープの中に移動し、位置を決め、1で取り付けたテントジョイントフラップをテントにかぶせます。

4:テントジョイントフラップ内部に通っているジョイントドローコードをしめ込み、密着させます。この時にテントジョイントフラップがなるべく真っすぐにたるみのないようにします。

5:タープ側のウエービングテープを、ジョイントするテント側のフロントポールに巻き付け、完全に固定させます。テント側の前室のルーフ部分にテンションがしっかりかかっていることを確認してください。

テント、タープを設営後にジョイントするのですが、テントを移動させてタープに突っ込むという表現が正しいかな?けど、テントの汚れ防止用にコールマンのマルチグランドシートを購入してあるんだけど、うまく同時に移動出来るかなぁ・・・。

 

キャンプするにはコレがなきゃ始まりません

最近は暇があればアウトドアグッズ関連のカタログ見て過ごす日々でして。
物欲が沸々と煮えたぎっております。

まず、昨シーズン購入して失敗した商品。買い替えですね。
先日火起こし器はユニフレーム社のチャコスタに買い替え済みなんですが、現在目論んでおりますのがスクリーンタープ。

昨シーズンにコールマンのスポーツオーソリティー限定モデルを購入したのですが、現在お得意の若干後悔しておりましてですね・・・。コレです↓


まず、色がですね、所持しているコールマンのテントと合わないんですよ(笑)
それに、今流行の連結用のジョイントフラップがついていないんです。

テントもスポオソ限定モデルのお買い得5点セット(笑)なんですがね。どうしてコレだけ色味がおかしいんでしょう?


スポオソのスクリーンタープの品質がどうのではなく、使用目的があっしにはちょっと合いませんで。
昨シーズン数度しようしましたが、値段の割にはしっかりとしていて雨風にもさらされたけどしっかりしてたし、室内も広く通常使用にはなんら問題なかったんですけどね。

ただ、合体連結したくなったため、オークションにでも出品して買い替えようかなと目論んでおります。


その買い替え候補がこちらのコールマン スクリーンキャノピージョイントタープ2 170T15300Rです。


この商品ですとジョイントフラップがついていて、手持ちのテントとドッキングする事が出来ます。
ジョイントする事により、降雨時などタープからテントへ移動する時一度外へ出て・・・という行動がなくなり、快適に過ごすことが出来ます。

まぁ、それだけといえばそれだけなんですが、タープ床面積も一回り大きいんです。

コールマン スクリーンキャノピータープ300 170T13650J = 300mm×320mm
コールマン スクリーンキャノピージョイントタープ2 170T15300R = 320mm×340mm


たかが縦横20cmですが、結構違いますよ。


今年新調すべきグッズがまだまだあるんで徐々に・・・徐々に・・。
ブログ内検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

自立式ハンモック
チャコスタ
イワタニ ガストーチ
ウェーバーグリルブラッシュ
ベルクロテープ
アルミ ミニテーブル
たまごホルダー
極厚バーベキュー鉄板
パーティースタッカー
レジャーシート
ミニバンぴったり寝袋
パイルドライバー
スノピハンマーPro.S
ソリッドステーク30
マルチコンテナS
キャリーカート
トング付万能キッチンバサミ
シェラカップ
スノピ ステンケトルNo.1
ダッチオーブン 10インチ
fanツールセット
マイクロストーブ
防虫キャンドル
スクリーンタープ2
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村

ファイアグリル
ファイアグリル収納ケース
ファイアグリルエンボス鉄板
焚き火テーブル
サーモス保冷缶ホルダー
ホイールクーラー
スチールベルトクーラー
イグルー マリーンウルトラ
ソフトクーラー
ポータブル火消し壷
スパイダーグリル

らくちんお掃除シート
グリル掃除省力化ホイル
大容量モバイルバッテリー
マイクロクアッドLEDランタン
GENTOS EX-777XP
ルミエールランタン
キャンドルランタン
フロステッドLEDランタン
ODペンサーモ
引掛け坊主
ハンディーテーブル
naturum best10
naturum お買い得情報
キャンプのオススメお買い得セット





キャンプ入荷速報

アウトドアクッキング入荷速報
naturum
coleman特集

ユニフレーム特集

スノーピーク特集

SOTO特集

コロンビア特集
  • ライブドアブログ