初心者のためのキャンプ道具選び

オートキャンプに必要な道具、あったら便利なツールなどを初心者目線で詳しくレビュー、評価しております

⇒その他

ペグ打ちに便利な腰道具、溶接棒ケース

初心者キャンパーからレベルアップした皆さんは、テント付属の貧弱なペグを卒業してスノーピークのソリッドステークなどの信頼性ある頑丈なペグを購入・使用されていることと思いますが、ペグを入れるケースって皆さんどうされていますか?
純正と比べて太く、重量もあるペグはそれなりにしっかりしたものに収納しなければなりません。私は6号帆布で作られたスノーピークのマルチコンテナSにハンマーなどと一緒に収納しています。
→購入記事はこちら

この6号帆布で作られたコンテナは、底板に樹脂板も入っておりとても丈夫。ハンマーを2丁、ソリステなどのペグを大量に入れてもビクともしませんが、ペグを打つたびにテント周りを持ち歩くのは結構な重労働。


DSCN5817
そこでちょっと変わった商品をご紹介。
溶接棒ケース。溶接屋さんの腰道具としてベルトに通して使用するものです。
これに溶接棒を入れておくことで効率良く仕事を進めることが出来るわけですが、これを溶接棒の変わりにペグを入れて使おうというものです。

溶接棒ケース PSK-605DX

主な仕様
商品重量:204 g
商品の寸法:40.5 x 11 x 7 cm
・完全PRO仕様の溶接棒ケース
・捨て棒入れ付
・床皮製


DSCN5819
袋は床皮製。底板には鉄板が入っていてとても丈夫です。
短いケースの方は使用後の短くなった溶接棒を入れるためのものですが、短いペグを入れるのにもよいかも。


DSCN5820
ベルトに通す箇所もしっかりと鋲止めされており耐久性がありそうです。プロが使う道具ですからね。


DSCN5821
ベルトに通し、30cmのソリッドステークスを入れた状態。
一度にケースに入るのは10本程度でしょうか。底板補強もあり、ビクともしません。


DSCN5824
ペグを次々に腰袋から取り出す様はまさにペグ打ち職人!(笑)
いや本当に効率よいですよ、コレ。

溶接棒ケース | ソリッドステーク30

一人で設営時、強風時、降雨時や今にも降り出しそうな時。迅速にペグ打ちすることを可能にするペグケース。
オススメです♪


にほんブログ村のランキングに参加しています。
更新の励みになりますのでポチっと押していただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村

自立式ハンモックを使えば、どこでもリゾート気分に♪

516W635MQ5L
小さい頃、アニメやテレビの中でしか見たことがなかったリゾートアイテム ハンモック。最高に優雅で癒し系アイテムなソレは、『一度は揺られてみたい』と思った人も多いはず。
私もそんな一人なのですが、産まれてこの方40年。南国のリゾート地へ行く機会にも恵まれず、ハンモックに揺られること無く生きてきました・・・

しかし、そんな南国リゾートでしか実現出来ないような夢のアイテムが今は手ごろな価格で買えちゃうんですね~!
しかも、両端に大木など必要のない自立式!
これなら林間サイトでなくともキャンプ場やビーチへも持ち込めますね!

そこで、たくさんある自立式ハンモックの中から価格もそこそこで、デザインの良い商品を吟味し購入しました。


FIELDOOR 折りたたみ自立式ハンモック ダークブラウン 収納袋付

サイズ:
【使用時】
・ロックアーム位置(上) : (約)幅238cm×奥行72cm×高さ88cm
・ロックアーム位置(中) : (約)幅208cm×奥行72cm×高さ97cm
・ロックアーム位置(下) : (約)幅178cm×奥行72cm×高さ103cm
【ハンモック】・(約)幅44cm×長さ182cm
【収納時】・(約)直径17cm×長さ117cm 重量:(約)9.3kg
材質:ナイロン / スチール / ポリエステル
耐荷重:80kg
付属品 ハンモック / フレーム / 収納バッグ / 取扱説明書


ちなみに、ハンモックとは
ハンモック(英: hammock 日: 釣床)は、元は南米の熱帯地方で先住民が使っていた寝具の1種である。※wiki抜粋

諸説ありますが、就寝中に危険な生物から身を守るために木と木に布を縛りつけたのが始まりだとか。


_SL1500_
購入したのはFIELDOORというメーカーから発売されている折りたたみ自立式ハンモック。
色はネット、フレーム共に落ち着いたダークブラウン。
ちまたに出回っているハンモックのほとんどはカラフルで派手なものが多いのですが、屋内で使っても違和感のないシックなカラーを選びました。
安価な商品はフレームが未塗装、シルバーのものが多いですが、ブラウンの当商品は高級感がありますね。


DSCN5828
到着後、早速フィールドに持ち込みました。
商品重量は10kg弱ありますが、ナイロン製の丈夫な収納バッグが付属されているので持ち運びは苦になりません。


DSCN5829
本体とハンモックネットが一緒に収まりますが、バッグにあまり余裕はありません。


51NWdpY8OwL
メーカー組立解説写真


DSCN5830
組立は工具を一切必要とせず、女性一人でも簡単に組み立てることが出来ます。


DSCN5831
ネットを引掛けるフック部を上にした状態で本体フレームを開きます。


DSCN5833
ネットの張り具合をロックアームの固定位置で3段階から選ぶことが出来ます。
一番下で固定するとネット地上高が上がります(ネットがピンと張った状態)。一番上はその逆。
固定はフレームのボッチに引掛けるだけ。


DSCN5832
次にアームヒンジが伸びきるまで本体を開きます。


DSCN5834
両側共開けばフレームの完成。
あとは両端にネットを引掛けるだけです。


DSCN5837
ネットに静かに身体を預けると、えもいわれぬ心地よさ。可動部のベアリングの動きもスムーズで、優しく身体をスイング。
子供のみならず、おとなもハンモックを取り合い(笑)



1ヶ月程屋内でも毎日使用しておりますが、フレームが曲がったりなどの破損、不安感はありません。シンプルな構造故、耐久性は高いと思います。
ハンモックネットも今のところ伸びたりはしていませんが、座り方や体重の差により劣化は避けられない部分かもしれませんね。※ネットの耐荷重は80kg


にほんブログ村のランキングに参加しています。
更新の励みになりますのでポチっと押していただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村

デイキャン用にイグルーのクーラーボックス マリーンウルトラを購入

DSC04902
キャンプで使用するクーラーボックスは、食材用と飲料用を分けて用意するのは既に常識ですよね。

クーラーボックスが一つしかないと・・・・
・飲み物を取り出すのに頻繁に蓋を開け閉めするため、あっというまに食材の保冷が効かなくなってしまう。
・クーラーボックス内の整理が出来ず、乱雑になってしまう。

このことからも、本来クーラーボックスはそれぞれ分けて使用するのが望ましいのですが、デイキャンでは極力荷物を最小限に抑えたいところ。
※快適さを取るか荷物量を取るか、終わらないテーマでもあります(笑)

以前、飲料用にとコールマンのパーティースタッカーを購入した記事を書いたのですが、容量が小さく保冷力がイマイチ。コールマンには保冷力のあるコンパクトなハードタイプが無いんですよね~・・・
パーティースタッカー購入記事

そこで、デイキャン用に食材と飲み物を1つのクーラーで済む程度のものを探し、出会ったのがイグルーのクーラーボックス マリーンウルトラ。

イグルー クーラーボックス マリーンウルトラ

原産国:U.S.A
サイズ: 47x28x43cm
本体重量: 3kg
有効内寸: 36x22x32cm
2Lペットボトル収納数: 6本まで
構造部材:本体外側・フタ プラスチック(PE)
本体内側材質:プラスチック(PP)
断熱材:超高密度ウレタンフォーム


DSC04905
クーラーボックスには珍しいオールホワイトカラー。
「マリーン」というネーミングからも山よりもビーチがよく似合いそうです。


DSC04908
ハンドルにはゴムのグリップがついているので手が滑らず、しっかりと握って持つことが出来ます。
また平らなグリップとは違い、適度な太さがありとても握りやすいです。


DSC04910
側面には両手で持てるように持ち手がついています。
重量が増えた時や、車への積み下ろし時に便利です。


DSC04911
ここに手をかけ蓋を開けます。


DSC04917
補強、リブの入った蓋ではありますが、お世辞にも丈夫そうには見えません。
腰をかける程度は大丈夫ですが、脚立代わりに天板の上に立つことは避けたほうが無難です。


_SL1500_
絶妙なサイズ感。
内部容量は28L。


DSC04916
2Lのペットボトルが縦に6本入る容量。
保冷剤を入れるスペースも十分にあります。


DSC04921
やはりUSA製。
プラスチックの成型バリはご愛嬌。
カッターで削りとっておきましょう。


DSC04920
クーラー裏側はゆるくRがついていて、持ち運びの際身体に馴染むようになっています。
これ、よく考えてあるな~と思いました。
実際にハンドルを持って運搬する際、ゴツゴツと身体にあたらなくてイイ感じでした。


DSC04924
底部は直接地面に触れないよう底上げ加工されており、地面からの熱の影響を最小限に留めてくれます。


DSC04929
デザインもカッコイイですよね。


DSC04930
IGLOOイグルーのロゴ


DSC04933
側面はポコポコとしたエンボス加工が施されています。


DSC04934
天板を押すと多少ゆがみます。
断熱材が入っていないと思われるので、裏側から穴をあけ発砲ウレタンを注入してあげると断熱性能があがりそうですね。

実際に中に保冷剤を入れ使用してみると、本体側面を触っても冷気を感じませんが、蓋に触れるとひんやりとします。これは天板から冷気が逃げていることを表します。


DSC04935
そこで、少しでも蓋部から冷気を逃がさないよう、内容物の上にアルミシートを被せ断熱性能を上げてみようと思います。

アルミ折りたたみ座布団


DSC04937
いいサイズのアルミマットを見つけました。
約32×36cm×8mmで、2つ折りになります。


DSC04940
そのままでは少し大きいのでカッターでカット。
アルミ面を下にして内容物の上に置くだけ。


DSC04938
モノを取り出すときは片側だけ上にあげることが出来るので便利です。
ちょっとしたことですが冷気の逃げを最小限に留めることが出来、保冷能力が全然違ってきます。

デイキャン程度ならこのクーラーボックス1台で事足りそうですね~
今年は活躍してもらいます!


にほんブログ村のランキングに参加しています。
更新の励みになりますのでポチっと押していただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村

スマホの不意なバッテリー切れを防ぐためにモバイルバッテリーを準備しましょう[ANKER AstroM3]

DSCN5778
今日はちょっと変わりダネをご紹介。

最近仲間うちから、『キャンプへ行った時、スマホのバッテリーが切れて困る』という声をよく聞きます。
ある人は車に戻ってシガープラグを使って充電するそうなんですが、ある程度充電されるまで車内で待機とか、せっかくキャンプに来たのになんて無駄な時間を・・・と思ってしまいます。

これはキャンプに限った話ではないのですが、休日とはいえ仕事で使っている電話が鳴らないと困る人もいるでしょう。緊急時に電池切れで電話が使えない・・・というのも困りものです。

デジタルデバイスが使えないと不便極まりなくなってしまったこの時代。
スマホで写真を撮る人もいるでしょうし、翌日の天候を調べたりすることもあるでしょう。GPSを使用している最中バッテリー切れのため道に迷い、命に関わる可能性だって考えられます。

『アウトドアーでスマホなんて触らなくてよし』  というのはナンセンスなので、ここは必要十分な容量を持った予備バッテリーを用意し、スマートに対応しましょう。



私がオススメするのは、スマホ程度のバッテリーなら数回満充電にすることが可能な大容量モバイルバッテリー、ANKER AstroM3 13000mAh です。

 
アダプターなしモデル | アダプター付きモデル

[主な仕様]
容量:13000mAh
入力電圧:DC5V / 1.5A
入力ポート:microUSB
出力電圧:DC5V / 2.1A + 5V / 1 A
出力ポート:USB x 2
サイズ:147 x 62 x 22mm
重さ:約290g
繰り返し使用回数:500回以上
商品セット内容:バッテリー本体、入出力兼用USBケーブル、ポーチ、日本語説明書 ※Apple端末(iPhone/iPad/iPodを含め)に充電の際は、Apple端末自体の付属ケーブルをご使用下さい。
保証期間:18ヶ月(日本語専用サポート窓口あり)
※アダプター付きモデルは 5V2A電源アダプタが付属します。

アダプター無し・付きモデルとありますが、ここでいうアダプターとは、モバイルバッテリー本体を充電する際に使うプラグです。
詳細は後述します。


DSCN5701
内容物全景
バッテリー本体、入出力兼用USBケーブル、ポーチ、日本語説明書


DSCN5774
付属のポーチはおまけ程度の安っぽいものではなく、スエード調のしっかりとした生地で出来ていて、microUSBケーブルやLitningケーブルなどを一緒に入れて持ち運ぶことが出来ます。

無理すればアダプターも一緒に入れることは可能ですが、バッテリー本体に傷がついてしまいます。
一度充電してしまえばアダプターは持ち運ぶ必要はないんですけどね。


DSCN5769
本体は光沢のあるプラスチック製で、ツルツルとさわり心地の良い高級感ある仕上げとなっています。
しかし、所詮プラスチックなので使用に伴い細かいスクラッチ傷は入ってしまうようです。


DSCN5768
iPhone5との大きさ比較
縦方向の長さはバッテリーの方が大きいですが、横幅はiPhone5よりスリムです。


DSCN5773
iPhone5の厚さが8ミリ。
モバイルバッテリーが22ミリあるので3倍弱といったところ。
これは大容量ゆえ致し方ないところでしょう。

重量は約290g。丸みを帯びた形状もあり、思ったほど『重たい』という感じはしません。


DSCN5761
本体裏
高容量、13000mAhの記載が。


DSCN5762
PSEマークはもちろんのこと、珍しいRoHS、リサイクルマークも印字されています。


DSCN5760
ケーブル接続部
中央がmicroUSB端子。ここにアダプターに挿したmicroUSBを接続し、モバイルバッテリー本体へ充電します。
For Android側ポートは最大1A
For Apple側ポートは最大2.1A出力します。


DSCN5737
iPhoneを2台同時、iPhoneとAndroidなどを2台同時に充電することが可能ですが、合計出力が3.1Aではなく、総出力で2.1Aとなるので注意が必要です。


DSCN5756
充電中のバッテリー本体
マニュアルによると、1Aのアダプターを使用した場合、空の状態から満充電まで11~12時間ほどかかります。
1.5Aのアダプターの場合8~9時間、0.5Aの場合は24時間程度かかるようです。
PCのUSBから給電する場合も0.5Aとなります。


DSCN5736
左のアダプターはiPad miniやiPhone5に付属の1Aアダプター、右がiPadに付属する2Aアダプターです。
私は上記を既に所有していたためアダプター無しモデルを購入しましたが、アダプター付きモデルはハイパワー2Aタイプなので価格差を考えてもお得だと思います。※モバイルバッテリーの入力電圧はあくまで1.5Ahです。


DSCN5748
ブルーのLEDで現在の充電状況を表示してくれます。

1/4が点滅 0~25%
1/4が点灯 25~50%
1/2が点灯・次の1/4が点滅 50~75%
3/4が点灯・次の1/4が点滅 75~99%
全点灯 満充電完了


DSCN5750
iPhone5のバッテリー容量は1434mAhなので、数字だけで見ると13000mAh÷1434mAh=9回程度は満充電に出来る容量を蓄えているはずです。
多少エネルギーロスがあるとしても、7~8回は余裕で充電できそうです。


日曜日にモバイルバッテリーを満充電にし、月曜日からiPhone5への充電(給電)テストをしてみました。
ネット視聴、LINEゲーム、YouTubeを見たりと日頃と同じように使用し、電池残量が5%以下になってからバッテリーに接続、100%になるまで満充電しました。

月曜日:朝1回目満充電・夜2回目満充電 バッテリー残量LEDはフル点灯
火曜日:昼3回目満充電・夜4回目満充電 バッテリー残量LEDは3/4点灯
水曜日:夜5回目満充電 バッテリー残量LEDは3/4点灯
木曜日:夜6回目満充電 バッテリー残量LEDは1/2点灯
金曜日:夜7回目満充電 バッテリー残量LEDは1/4点滅
土曜日:夜8回目満充電 バッテリー残量LEDは1/4点滅 
リチウムイオン電池は、過度な過放電により電極を傷め、バッテリーの寿命を短くする恐れがあるためここでテストを中止しました。

【テスト結果】
iPhone5を8回以上満充電にすることが出来ました。

テスト結果を見るとiPhone5クラスのスマホの場合、フル充電のAstro M3(13000mAh)があれば1週間はバッテリー残量に悩まされることは無さそうです。


※※参考※※
現在の主要スマホ電池容量と充電可能回数(理論値)

iPhone5 - 1434mAh 9回
iPhone5S - 1560mAh 9回
iPhone6 - 1810mAh 7回
iPhone6Plus - 2915mAh 4回
GALAXY S4 - 2600mAh 5回
GALAXY S5 - 2800mAh 4回
Xperia Z1 - 3000mAh 4回
Xperia Z2 - 3200mAh 4回
ARROWS NX F-01F - 3200mAh 4回
ARROWS NX F-05F - 3200mAh 4回




DSCN5751
このバッテリーのマークのようなボタンを押すと現在のバッテリー残量が表示されます。
そして、ボタンを3秒長押しすると


DSCN5752
端子中央部にあるLEDが点灯します。
フル充電の状態で480時間(!!)も点灯できるそうです。
おまけ程度に考えていましたが、結構明るいので防災・災害用途にも期待出来ますね。


 
アダプターなしモデル | アダプター付きモデル

AstroM3を購入して驚いたのは、この手の商品にありがちなバッテリーの発熱が全くといっていいほど無いことです。製造元がはっきりしないような安価な商品だと、発熱、爆発などの恐れがありはっきりいって怖くて使えません。
当商品は、メーカーの18ヶ月もの保障がついているので安心して使用出来ると思います。この長期保障はメーカーの製品に対する自信の表れなんでしょうね。



 
Astro M2 7800mAh | M1 5200mAh

13000mAhまでは必要ない、少しでも軽量なタイプがいい という方には、容量の少ないタイプも発売されています。

【寸法・重量比較】
M3  13000mAh :147 x 62 x 22mm  290g
M2    7800mAh :105 x60 x23 mm    191g
M1    5200mAh :92 x 45 x 22mm     126g

カバンが重くなるのが嫌な女性の方など、小容量タイプを選択する方法もあります。

家族・友人のバッテリーが無くなった時、「サッ」とこのモバイルバッテリーを差し出せば神扱い間違いなしですね(笑)
キャンプに限らず、普段からガンガン使いたいモバイルバッテリーの紹介でした。


にほんブログ村のランキングに参加しています。
更新の励みになりますのでポチっと押していただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村

まったり癒し効果抜群のキャンドルランタンを購入しました

DSC04865-3
今回はキャンドルランタンを入手したので早速レビューしたいと思います。

キャンプで使うランタンと言えば、ノーススターなどの燃料系ランタン、LEDや蛍光灯などのバッテリーランタンなどがありますが、出力が大きいためまったりタイムにはあまり適しません。
そこで、Amazonで良い雰囲気を演出してくれそうなランタンを探していると、当商品を見つけたので早速ポチしてみました。


DSC04872-2

ハイマウント フォレストヒル キャンドルランタン シルバー

主な部材
・ステンレス
・ガラス
以上
シンプルです。


DSC04871-2
プラスチック・・・というより、握るとペコペコするペットボトル程の厚みのケースが付属。
ねじ込み式のケースとなっています。


DSC04894-2
ランタン上部
キャンドル本体は、価格とは裏腹に総ステンレスで出来ておりチープさはひとつも感じません。
FORREST HILL(メーカー名)と、NEW ZEALANDの刻印あり。
ニュージーランド製って珍しいかも。


DSC04892-2
チェーンフックがついているので、ぶら下げる箇所には困りませんね。


DSC04899-2
さて、キャンドルの使い方ですが少しコツがあります。
上蓋はガイドとバネの力で固定されているのですが、これを外します。


DSC04874-2
ホヤと本体下部をしっかりと持ち、上蓋を上に持ち上げ気味で横にずらします。
何度か触るとコツがつかめます。


DSC04875-2
キャンドルが1つ付属されているので取り出し、火をつけてみます。


DSC04879-2
本体底には4つ爪がついており、ここにキャンドルをはめ込んで使用します。


DSC04880-2
キャンドルの直径は約38ミリ。
爪でしっかりと固定されます。


DSC04882-2
点火後ホヤをのせ


DSC04887-2
上蓋を元の状態にスライドさせます。
あまりもたもたしているとホヤが熱くなってしまうので、手早く。


DSC04890-2
とってもやさしいあかりです。
食事用途などには全然光量が足りませんが、焚き火時やお酒を飲むまったりタイムには良い照度かと思います。


DSC04897-2
消化は上蓋の隙間から息を吹きかけて行います。
使用中、使用直後は本体・ホヤ共に高温になっているのでヤケドに注意しましょう。


DSC04898-2
スペアのキャンドルは、ダ〇ソーなどの100円均一でも販売されていますが、安価なタイプは「すす」が出易い・炎が安定しない・ロウがアルミカバーから流れでてしまう などの不具合が頻発するようです。

Amazonで大手カメヤマローソク製が50個入りで645円。送料無料。
状況にもよりますが、1ヶの燃焼時間が4時間~5時間なのでコスパも良いですね。


 
アウトドアで使用するならシトロネラ配合のキャンドルを使うと虫除けにもなるので一石二鳥ですね。



以前ゆらぎ系ランタンであるコールマンのルミエールランタン購入・レビュー記事を書きましたが、大きさの違いからも当商品の光量は少ないです。ゆらぎも少ないですが、手軽にまったり癒し効果が得られ本体価格も安いのでコスパ高いです。

 
シルバー | ゴールド

シルバーとゴールドの2色発売されています。
格安キャンドルランタン、おすすめです。

ブログ内検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

自立式ハンモック
チャコスタ
イワタニ ガストーチ
ウェーバーグリルブラッシュ
ベルクロテープ
アルミ ミニテーブル
たまごホルダー
極厚バーベキュー鉄板
パーティースタッカー
レジャーシート
ミニバンぴったり寝袋
パイルドライバー
スノピハンマーPro.S
ソリッドステーク30
マルチコンテナS
キャリーカート
トング付万能キッチンバサミ
シェラカップ
スノピ ステンケトルNo.1
ダッチオーブン 10インチ
fanツールセット
マイクロストーブ
防虫キャンドル
スクリーンタープ2
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村

ファイアグリル
ファイアグリル収納ケース
ファイアグリルエンボス鉄板
焚き火テーブル
サーモス保冷缶ホルダー
ホイールクーラー
スチールベルトクーラー
イグルー マリーンウルトラ
ソフトクーラー
ポータブル火消し壷
スパイダーグリル

らくちんお掃除シート
グリル掃除省力化ホイル
大容量モバイルバッテリー
マイクロクアッドLEDランタン
GENTOS EX-777XP
ルミエールランタン
キャンドルランタン
フロステッドLEDランタン
ODペンサーモ
引掛け坊主
ハンディーテーブル
naturum best10
naturum お買い得情報
キャンプのオススメお買い得セット





キャンプ入荷速報

アウトドアクッキング入荷速報
naturum
coleman特集

ユニフレーム特集

スノーピーク特集

SOTO特集

コロンビア特集
  • ライブドアブログ