初心者のためのキャンプ道具選び

オートキャンプに必要な道具、あったら便利なツールなどを初心者目線で詳しくレビュー、評価しております

アルミ

BBQグリル掃除省力化に強力なアイテム!キャプテンスタッグ アウトドア用厚口アルミホイル

DSC04592
BBQグリル掃除の労力を大幅に省力化してくれる便利商品、アウトドア用厚口アルミホイル。
以前LOGOS製アルミホイルを購入、レビューしましたが、使い切ってしまったので今回はキャプテンスタッグ製を購入、試用してみたのでレビューします。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アウトドア用ワイド厚口アルミホイル8m

[主な仕様]
・サイズ:幅35cm×長さ8m×厚さ0.06mm
・重量:530g
・材質:アルミニウム箔


商品の使い方

DSC04593
厚みを比較すると
・LOGOS製 0.035mm
・キャプテンスタッグ製 0.06mm
と、単純に倍近く厚みに差があります。
※ちなみに、家庭用のアルミホイルは12μ(ミクロン)=0.012mm厚前後です。

家庭用のアルミホイルやラップのように箱にギザギザがついていて簡単にカット出来る機能は付加されていないので、箱から取り出し手でカットすることになります。
一度折り目をつけてからカットすると真っ直ぐに切ることが出来ます。
簡単に手でカットすることが出来ますが、切り口がとても鋭利になるので軍手や革手袋を着用するとよいでしょう。


DSC04594
適当な長さでカットしグリルの火床に敷きます。
偶然ですが、所有しているコールマンのクールスパイダーステンレスグリルの火床にピッタリフィットする横幅でした。


DSC04595
火床サイドにある通気穴を塞いでしまうと木炭の燃焼効率が下がってしまうのでここは塞がないようにしましょう。


DSC04626
アルミホイルを敷いた後はいつもどおりに火床に炭を入れBBQを楽しみます。

後片付け

DSC04691
キャンプにて丸一日以上酷使した後の片付けです。
といっても、灰がこぼれぬようにアルミホイルを丸めて捨てるだけです。
とっても簡単。


DSC04591
当グリルは十数回使用していますが、ステンレスの火床がいい具合にヤケただけで綺麗なもんです。

油汚れが焼け焦げると掃除は本当に大変です。
キャンプなどで車載すると匂いも気になることでしょう。

しかし、このお掃除シートを使えばそんな悩みも無用です。
アルミホイルを丸めて捨てた後、グリルの縁についた油汚れをキッチンペーパー等で拭き取れば綺麗さっぱり。


LOGOSとキャプテンスタッグ、どっちがいいの?

LOGOSはアルミ厚が0.035mmと薄い分、炭の高熱に耐えることが出来ずにホイルに穴が空いてしまい、灰が火床にこぼれてしまうことが多々ありました。
短時間のBBQであれば問題ありませんが、数時間かけて楽しむ場合必ず穴が空きます。
2枚折りにして丈夫にすればよいですが、それじゃあイマイチ・・・
極厚なんてうたっちゃってますが、全然厚くありません。もちろん家庭用と比べれば厚いのですが・・・。
薄い分、やわらかくて扱い易くはあるんですけどね。
長さも700mmしか入っていないのですぐになくなってしまいました。

 
(左)キャプテンスタッグ アウトドア用ワイド厚口アルミホイル8m |(右) 同 3m

今回使用したキャプテンスタッグ製は、丸一日近く火種が消えない状況下で酷使しましたが、アルミに穴が空くこともなく、火床を汚さず綺麗に使うことが出来ました。
どちらが良い商品かは火を見るより明らかですね(笑)

8mと3m巻きの2種類発売されているので、グリルの使用頻度・大きさで選ぶとよいでしょう。

ちなみに・・・コールマンのスパイダーグリルで使用した場合、焼き面が30×45cmなので、3mだと約6回分。
8mだと約16回分使用することが出来ます。

BBQ後の後片付け、少しでも楽したいですよね。絶対おすすめですよ♪


にほんブログ村のランキングに参加しています。
更新の励みになりますのでポチっと押していただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村

これは便利!コールマン アルミ製ミニテーブルの使い勝手

DSCN0339
本日の道具紹介。コールマン ミニアルミテーブル。
小さいけど今や手放せないアイテムの一つです。


DSCN0341
ミニテーブルは数度のモデルチェンジを繰り返しています。
2010年までの型番が170-5655
2011年モデルが170A5655

 

先日スポーツオーソリティーへ行った時、ふと商品を見ると自分の箱と違いました。
中身の見た目は変わりないので、型番と外箱だけ変わったんでしょうか?
※最新モデルはモザイク模様になりました。

DSCN0342
テーブルは2つ折になっていて、2箇所のフックで固定されています。使用する時はこのフックを外します。


DSCN0344
天板を開くと脚が折りたたまれて格納されています。


DSCN0349
天板のヒンジ部にロックするツメがありますので、きちんとロックされているか確認してください。


DSCN0354
格納されている脚を引っ張り出します。この時指を挟まないよう注意。
ヒンジ部のツメが「カチッ」とはまっているのを確認してください。


DSCN0356
基本これだけです。


DSCN0359
天板の質感。アルミ製で手触りはサラサラとしています。


使用法

DSCN0358
我が家ではキャンプの時テント内の入り口横に置き、ランタンや携帯電話、鍵、デジカメ等を置いておくスペースとして使用します。他、運動会等にも持って行き、お弁当など地べたに直接置くのをためらう時重宝します。
小さいですが、これ一つあるだけで全然使い勝手が全然違います。


DSCN0362
商品のサイズは 幅530mm×奥行き400mm×高さ235mm となっています。
片側の天板1枚でA4より一回り大きいサイズです。


脚の長さを調整出来るタイプもあります。


天板裏に取り外し可能な脚が格納されており、装着する事で高さを変える事が可能です。長脚使用時で410mm。未使用時で210mm。
このタイプは料理、食事の時などのサブテーブルなどによいかもしれませんね。


焚き火の側でのお供には、熱に強いステンレスの商品もあります。


ダッチオーブンや鍋などの熱いものを直接天板に乗せても大丈夫です。収納ケースも付属し、他のミニテーブルと差別化を図っているようですね。
うらやましい・・・。

裏 技

DSCN0366
天板を開けた状態。
ここってデッドスペースですよね。専ムはですね・・・


DSCN0369
このスペースにカタログや雑誌を入れます。


DSCN0374
結構な厚みの本も格納出来ます。キャンプの時などはレシピ本や雑誌等入れると調子いいですね。サイトでまったりと読書もいいものですよ~!


この左のアウトドアクッキング大事典、これ絶対買いです!これ1冊あれば普段とは一味違う野趣溢れる野外料理が楽しめます。
この本を眺めてるだけでよだれダラダラ、お腹はペコペコ・・・。早くフィールドに出かけたくなります・・・なかなか罪な本なのです。


1章~焚き火・鉄板・網焼き
2章~ダッチオーブン・鍋
3章~焼く・炒める
4章~煮る・蒸す
5章~ごはん
6章~パスタ・麺・パン
7章~スープ・サラダ
8章~つまみ・燻製・デザート 

各章20~30品ものレシピが紹介されています。
著作権の問題もあるので内容はお見せ出来ませんが、とってもおいしそうな写真と共にレシピが紹介されています。難しい料理は皆無。簡単に調理出来るレシピがほとんどです。
コレ系の本は大抵家庭で作るのと代わり映えのしないレシピばかり扱っていますが、この本は違います!キャンプサイトで「作りたい」「食べてみたい」と思わせるレシピばかりです。

是非この本は一冊持っていていただきたい!
我が家のアウトドアクッキング・バイブルです。

ブログ内検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

自立式ハンモック
チャコスタ
イワタニ ガストーチ
ウェーバーグリルブラッシュ
ベルクロテープ
アルミ ミニテーブル
たまごホルダー
極厚バーベキュー鉄板
パーティースタッカー
レジャーシート
ミニバンぴったり寝袋
パイルドライバー
スノピハンマーPro.S
ソリッドステーク30
マルチコンテナS
キャリーカート
トング付万能キッチンバサミ
シェラカップ
スノピ ステンケトルNo.1
ダッチオーブン 10インチ
fanツールセット
マイクロストーブ
防虫キャンドル
スクリーンタープ2
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村

ファイアグリル
ファイアグリル収納ケース
ファイアグリルエンボス鉄板
焚き火テーブル
サーモス保冷缶ホルダー
ホイールクーラー
スチールベルトクーラー
イグルー マリーンウルトラ
ソフトクーラー
ポータブル火消し壷
スパイダーグリル

らくちんお掃除シート
グリル掃除省力化ホイル
大容量モバイルバッテリー
マイクロクアッドLEDランタン
GENTOS EX-777XP
ルミエールランタン
キャンドルランタン
フロステッドLEDランタン
ODペンサーモ
引掛け坊主
ハンディーテーブル
naturum best10
naturum お買い得情報
キャンプのオススメお買い得セット





キャンプ入荷速報

アウトドアクッキング入荷速報
naturum
coleman特集

ユニフレーム特集

スノーピーク特集

SOTO特集

コロンビア特集
  • ライブドアブログ