初心者のためのキャンプ道具選び

オートキャンプに必要な道具、あったら便利なツールなどを初心者目線で詳しくレビュー、評価しております

サイズ

コールマンの起毛レジャーシートは最大サイズを買うべき。[200×200]

DSCN0673
コールマンの起毛レジャーシートシリーズの紹介。
この起毛シリーズは数種類ラインナップがあるのですが、私は最大サイズの200×200を購入しました。

 
※2014年現在、モデルチェンジして200×170と210×210サイズになりました。

2色ありますが、ネイビーを購入。サイズも200×200で大正解。我が家は大人2人に6歳と1歳の4人家族。これより小さいサイズだとちょっと不便かと思います。
車に積んでおけば公園などに行った時さっと広げてくつろげます。味気ないブルーシートやペラペラのキャラクターシートでは夏場ペタペタ体にくっつくし、薄いもんだから地面が砂場だと小砂利が足に痛いですよね。
これは起毛といっても暑苦しい起毛ではなく、肌触りは心地よいです。適度な厚みもあり多少地面が悪くても大丈夫。このシートを一度使えばペラペラのブルーシートには戻れませんよ。

ラインナップ

起毛シリーズのサイズは プチ、ミニ、ノーマル、ワイドの4種類。これに各色ラインナップがあります。

 
  プチ 95cm×60cm | ミニ 140cm×90cm

 
ノーマル 200cm×170cm | ワイド 210cm×210cm    

※2014年現在モデルチェンジしております。最新モデルはこちら。

上記プチとミニは一人用ですね。ノーマルの170cm×170cmも2、3人がやっと。収納時サイズが多少かさばる感は否めませんが、後悔せぬよう200cm×200cmを購入する事をオススメします。この商品の場合、おもいっきり大は小を兼ねますからね。


コールマン エクストリームホイールクーラー/62QTがベストバランスとみた

DSCN0710
コールマンのエクストリーム ホイールクーラー62QTを購入しました。
先日の記事に書いたとおり、クーラーボックスを比較検討していたのですが、店頭で実際に見て、触って決めました!


主な仕様:
容量60ℓの「エクストリームR」ホイール付きモデル
■2ℓペットボトルが縦に入るサイズ
●本体サイズ:約80×39×43(h)cm
●容量:約60ℓ
●重量:約6.7kg
●材質:発泡ウレタン、ポリエチレン
●仕様:ツーウェイハンドル、ドレイン、カップホルダー

購入の決め手

このホイールクーラー購入の決め手はやはり、2Lのペットボトルが縦に入るサイズ。これに尽きます。

DSCN0726
店頭で実際に入るかどうか試してみたく、店員さんにお願いすると休憩室から飲みかけのペットボトル(笑)を持ってきていただき、すんなりと入るのを確かめてから購入しました。
中型サイズのクーラーでも2L、1,5Lクラスのペットボトルが縦に入らないものもあるので注意が必要です。

断熱材の厚みと内容量は反比例してしまうのですが、エクストリーム62QTは断熱材も程々に厚く、内容積もたっぷりで、バランスが取れたモデルだと思います。 あまりに断熱材が厚すぎると、容積減っちゃいますからね・・・最上級モデルはオーバースペックだと思い、エクストリームにしましたよ。


DSCN0713
62QTはさすがの容量たっぷり!4人家族の我が家だと2泊3日は余裕ですね。

DSCN0729
ドレンもついていて水抜きも楽々。
コレ、あると無いとじゃ全然違います。キャンプから帰ってきて後片付け時、内部を洗って水を切るのに、裏返しにしてジャバーっとやらなくて済みます。
現在発売されてるコールマンの大型タイプのクーラーはほとんど装備しています。

DSCN0728
ヒンジ部アップ。しっかりとビス留めされており、なかなか丈夫そうです。

DSCN0730
大型ハンドル&ホイールで運搬も楽々!

DSCN0712
上蓋にはドリンクホルダーが4つついています。
が、使い勝手としてコレってどうなんでしょうね・・・まぁオマケ程度ということで。

内寸詳細

カタログには外側の寸法でしか記載されていないので、こういうものは内寸も記載すべきだと思うんです。内容量は62QT(約60L)、と表現されてもわかり辛いですよね。

先ずは深さです。
DSCN0721
約33cm程あります。


続いて奥行き。
DSCN0723
約31cm。


DSCN0724
ホイール部分の内側はこのように狭くなってます。約20cm。


最後に長手。
DSCN0725
約67cmあります。


分かり難いのでGIMPでちょちょちょいと・・・
9261310290203-2
こんな感じ。全て内寸、実寸です。食材、保冷剤のサイズ選択に参考にしてください。

エクストリームに合わせてアイスパックをどの程度入れればよいか今後検討しなくてはですね。安価なタイプだとすぐ溶けてしまうので、どうせなら「マイナス16度」などの高機能タイプを入れようと思います。

 


にほんブログ村のランキングに参加しています。
更新の励みになりますのでポチっと押していただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
ブログ内検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

自立式ハンモック
チャコスタ
イワタニ ガストーチ
ウェーバーグリルブラッシュ
ベルクロテープ
アルミ ミニテーブル
たまごホルダー
極厚バーベキュー鉄板
パーティースタッカー
レジャーシート
ミニバンぴったり寝袋
パイルドライバー
スノピハンマーPro.S
ソリッドステーク30
マルチコンテナS
キャリーカート
トング付万能キッチンバサミ
シェラカップ
スノピ ステンケトルNo.1
ダッチオーブン 10インチ
fanツールセット
マイクロストーブ
防虫キャンドル
スクリーンタープ2
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村

ファイアグリル
ファイアグリル収納ケース
ファイアグリルエンボス鉄板
焚き火テーブル
サーモス保冷缶ホルダー
ホイールクーラー
スチールベルトクーラー
イグルー マリーンウルトラ
ソフトクーラー
ポータブル火消し壷
スパイダーグリル

らくちんお掃除シート
グリル掃除省力化ホイル
大容量モバイルバッテリー
マイクロクアッドLEDランタン
GENTOS EX-777XP
ルミエールランタン
キャンドルランタン
フロステッドLEDランタン
ODペンサーモ
引掛け坊主
ハンディーテーブル
naturum best10
naturum お買い得情報
キャンプのオススメお買い得セット





キャンプ入荷速報

アウトドアクッキング入荷速報
naturum
coleman特集

ユニフレーム特集

スノーピーク特集

SOTO特集

コロンビア特集
  • ライブドアブログ